• トップ /
  • 葬儀で受付を頼まれたときのコツ
バックナンバー

もし葬儀の受付を頼まれたら

葬儀で受付を頼まれたときのコツ

葬儀で受付の役割やマナー

葬儀で受付を頼まれるということはそれほど多くないのが一般的ですが、突然受付を依頼される場合もあります。突然依頼されても困らないようにあらかじめ会葬者に対する挨拶の仕方やマナーを把握しておくことが大切です。葬儀での受付の主な役割は、早めに会場に入り会葬者に挨拶、香典を渡された場合は芳名帳に記名してもらい返礼品を渡すといったことが一般的です。会葬者への挨拶は葬儀の場なので、当然ですが笑顔は禁物で「お疲れ様です」や「お忙しい中お越しいただきありがとうございます」といった言葉が一般的と言われています。芳名帳に記帳してもらうときは、名字だけでなくフルネームを記帳してもらうようお願いします。葬儀の香典袋を開封したり金額を記入するのは会計の仕事になるためあらかじめ、確認しておきましょう。また、香典を辞退する場合はその旨を会葬者にもあらかじめ連絡しておく必要があります。その際は受付でも「故人の意志香典を辞退しております。お気持ちだけありがたく頂戴いたしますので、どうぞお納めください」といったような言葉を伝えるようにしましょう。香典を辞退した場合も葬儀当日に、返礼品を会葬者に渡す場合があるのであらかじめ確認しておくことが大切です。

↑PAGE TOP