バックナンバー

増加している葬儀

葬儀の受付時間の前に到着する

経済的負担が少ない葬儀の増加

現在の葬儀は、従来の様に葬式仏教のしきたりに制限される事がなく、故人や遺族の望む規模で望む趣向を凝らした自由な葬送方法で執り行われています。その為、一般の参列者のいない家族葬や通夜を行わない直葬、遺骨も持ち帰らないゼロ葬など多様化が進んでいます。又、小規模な葬儀が主流となった業界では、追加料金の心配の無いセット料金が主流となり費用の総額が大きく下落し、故人や遺族への経済的負担が非常に小さくなっています。

↑PAGE TOP