• トップ /
  • 葬儀の受付をする時の服装
バックナンバー

葬儀の受付の服装とマナー

葬儀の受付をする時の服装

葬儀の受付を頼まれたら

葬儀の時に故人と親しかったり遺族だったりすると受付を頼まれることがあります。受付は葬儀の窓口になるところですし、参列者とも最初に接する場所なので、きちんとした服装できっちりと対応したいところです。受付をする時の服装ですが、これは葬儀に参列するときの服装で大丈夫です。男性ならば喪服に黒いネクタイ、女性も黒のワンピースなど喪服を着用していれば問題ありません。受付をする時は当然ですが喪主と同じように参列者が来る前に斎場に到着しておく必要があります。通常ですと最低でも式が始まる予定時間の1時間前には到着しておくようにするとよいでしょう。それから参列者から質問されてもいいように、駐車場や待合室など斎場のだいたいの位置関係を把握しておくようにします。葬儀の受付はただ参列者を案内するだけではなく、誰から香典を預かったのか確認して、金額などをチェックして記入していくという大切で重要な役割もあります。また参列者からあいさつを受けたり案内をしたりと葬儀が始まるまでは非常に忙しく大変です。言葉使いに気をつけて落ち着いて行なうようにしましょう。またいろいろ動かなければならないのでつい服装が乱れてしまいがちなので気をつけるようにします。

↑PAGE TOP