バックナンバー

茨城で葬式を厳かに

葬儀の受付時間の前に到着する

選べる時代、さまざまな葬儀の形

葬儀とは遺族や家族が個人の人の冥福を祈り、弔う宗教的な儀式のことです。遺された人たちの想いや事情によって、今は葬儀のかたちも選べる時代です。遺族・家族だけでなく、故人の知人などと一緒に見送る形として、一般葬や合同葬があります。これに対し、遺族・家族だけで見送りたい場合は、家族葬や密葬があります。その他にも形式にこだわらない自由葬やお別れ会という形をとることもあり、故人を見送る形は多様化してきています。

葬儀屋の変化、やり方と様子

2017年の時点で葬儀屋のやり方や様子が大きく変化しています。昭和の時代では未だ保守的思想がハッキリと表に出ていたため、重厚で価値を付随した形式が主流でした。霊柩車も黒くて長めの車を用いり、金のしゃちほこ立ちを採用していた様子も現在では静まっています。カジュアルな印象や重さを緩和したスタイルが認められるようになりました。葬儀屋は基本的に資格は必要なく、必要な条件さえ満たしてしまえば誰でもなれるのが特徴的です。

↑PAGE TOP